開催日時の決めかた

私たちも幹事さんより開催のご依頼を承る際に、必ず開催予定日時を確認しています。そこから逆算してやるべきことを洗い出し、それぞれ行う事の実行日を決めています。
通常は企画~同窓会当日までは4ケ月程の準備期間が必要です。土曜開催がいいのか、日曜開催がいいのか、連休中がいいのか、日取りを決めるだけでも本当に悩んでしまいます。そこで、過去の開催データ(関東圏限定)を基に開催日の決め方をご紹介いたします。

都市近郊エリアの学校の開催の場合

都市近郊エリア(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)での開催は、通常の土日などの開催がおすすめです。お盆やゴールデンウィークなど大型連休は、他の予定などが入り参加率が下がる可能性があります。また、都市近郊出身の方は実家から転居されていても、多くの方は近いエリアに住んでいるので、特に大型連休にあてなくても、自然と参加者が集まります。

群馬県、栃木県、茨城県エリアでの開催の場合

通常の土日でも参加率はそこまで下がりませんが、都心近郊に転居されている方もいるので、お盆やお正月などの実家帰省のタイミングに合わせての開催がおすすめです。

開催曜日について

やはり翌日が休みの土曜日開催を希望される方が圧倒的に多いです。実は、土曜日・日曜日の参加率を比較した場合、日曜開催の方が若干(5%)程、参加率が高い傾向が出ています。同級生は様々な仕事をされていると思いますが、多くの職種では日曜休みが多い為、参加率が高くなるようです。ただ、二次会、三次会の参加率を見ていくと、土曜日開催の方が、全体的な参加率は高くなります。

開催時間について

開催する年齢によって希望時間が大きく異なります。

<土曜開催>

  • 20歳~30歳 → 18時頃からのスタート
  • 30歳~55歳 → 16時頃からのスタート
  • 55歳以上   → 14時頃からのスタート

二次会、三次会を考えて、夕方には開催したいところです。お勧め開催時間は16時スタートです。終電間際には三次会を終えられます。
(例)一次会 16:00~18:00 二次会 19:00~21:00 三次会 21:30~23:30

<日曜開催>
どの年代もお昼過ぎの時間帯からの開催が多いようです。翌日の仕事を考慮して早めに切り上げられる、14時~からのスタートがおすすめです。

一言
時間をかけて日取りを決めても、大安など日取りが良いと会場が空いてない場合もあります。会場を探す前に、3つほど候補日を絞りましょう。日程調整をする場合は、調整さんが便利です。

準備>幹事集め>開催日>会費>会場探し>案内状>プログラム>二次会

ページ上部へ戻る